注文住宅やリフォームなど、さまざまな仕事をこなす工務店

工務店は、大工や左官などの職人さんを手配し、建築工事全体をマネージメントしている業者です。工務店は、多くの場合、特定のエリアを拠点として活動します。ハウスメーカーとは異なり、より地域に根ざした形で注文住宅の設計・建設、住宅リフォームなどの工事を請け負います。

工務店・地域密着型ビジネス

富士山と桜

工務店は、注文住宅の建設や、住宅リフォームが主な仕事です。日本には複数の大手ハウスメーカーが存在し、自社ブランドの家を販売しています。大手ハウスメーカーは、全国に住宅展示場などのショールームを持っています。大手ハウスメーカーは、それらの拠点を使って全国に建売住宅を販売します。規模が大きいので、建材などをストックしておくことができるほか、工期が短いなどの利点があります。

工務店は近年、多様化する傾向にあります。昔ながらの職人気質の工務店、ハウスメーカーの下請けとして仕事をする工務店など、さまざまです。

工務店のタイプ

大工

前述のように工務店の形は多様化しています。どんなビジネスでも、その時代やニーズに合わせ、ベストな形を模索する必要がありますが、工務店もまさにそのような形で多様化が進んでいると言えるでしょう。

地元の小さな工務店

昔ながらのスタイルで営業する小さな工務店。スタッフも少人数で、社長さんも時には大工道具を握ることがあります。

地方のハウスビルダー

特定のエリアを拠点とする、比較的規模の大きいハウスビルダーもあります。大手ハウスメーカー同様、自前の住宅展示場を持つ工務店もあり、自社の住宅販売に力を入れています。他のエリアの工務店と提携するなど、相互に販路を広げる努力をしている場合も多いようです。

フランチャイズ型

最近、増加傾向にある工務店の形が、このフランチャイズ型です。フランチャイズの本部が所有する工法等を用い、フランチャイズの加盟店となる工務店が、それぞれの地域でサービスを提供します。複数のフランチャイズに加盟している工務店もあり、このような工務店はデザインも工法も豊富で、さまざまな特徴を持つ家を選ぶことができます。ハウスメーカーの下請けと考えてもいいでしょう。

設計専門型

建物のデザインを専門にしている、設計専門型の工務店もあります。このタイプの工務店には建築士が所属していて、外部の設計士と協働することが多いようです。

施工専門型

設計専門型の工務店があれば、施工専門型の工務店もあります。このタイプの工務店は、外部でつくられた設計を基に、その施工作業だけを行います。言いかえれば、専門型の工務店は、その作業自体に強いこだわりを持っていると言えるでしょう。

以上、多様化する工務店のタイプについてご紹介しました。しかし、実際はどの工務店も、単純にひとつのタイプに当てはまることはありません。

工務店は、長い歴史を持つ大工さんの仕事の発展型だと言われています。日本では、大工の棟梁が関連する職人を束ね、家屋を作ってきたという伝統があります。工務店の仕事は、シンプルに言えば建築工事を仕切ることなのです。

工務店の仕事

設計士

工務店には、さまざまなタイプがあることをお話ししました。工務店は、ハウスメーカーと並び、家を建てる場合の二大選択肢のひとつです。しかし、工務店が実際にどんな仕事をしているのかについては、意外に知られていません。ここでは工務店がどんな仕事をしているのかについてご紹介します。

現場監督

多様化している工務店のタイプですが、現場監督の仕事は、多くの工務店にとってメインの仕事になるのではないでしょうか。伝統的な大工の棟梁のように、左官、大工など多くの職人をまとめて、建築作業をスムーズに進める役割です。現場監督の仕事をもう少し細かく仕事を分けるとするならば、以下のようになります。

工程管理(スケジュール管理)

工事のスケジュールを組みます。工事の受注が決まったら、予算を編成し、資材や職人さんを手配します。作業現場での指揮も工程管理の一部です。作業に関わる職人さんにも作業の流れ、スケジュールについて理解してもらいます。また、現場での仕事は何もかもうまくすすむものではありません。状況に応じてスケジュールを調整するなど、現場のマネージメントを行い、工事が円滑に進むよう、さまざまな努力をします。

品質管理(クオリティーコントロール)

工程管理では工事のスケジュールを組みますが、このスケジュール通りに工事が進んでいるかを管理するのが品質管理です。また、建築工事には、法律に基づいた検査がつきものです。検査への立ち会いも工務店の仕事になります。また、建築資材の管理も、この品質管理に含まれます。

安全管理

家の近所で住宅の新築工事が始まった頃、あいさつを受けた経験はありませんか?そのあいさつも工務店のお仕事です。建築工事では、工事車両の出入りや実際の作業で騒音が発生する場合があります。また、人や車の通行を妨げてしまう場合もあるかもしれません。また、現場の安全な環境作りをするのも工務店の仕事です。

設計

工務店では、依頼を受け住宅の設計作業をします。地域に根ざした工務店は、住む人と共に家を作っていくイメージで、設計段階からコンタクトを密にとり、仕事を進めていきます。ほぼ完成品に近い家を販売しているハウスメーカーとは違う、オーナーの思いが反映された家ができあがります。前述のように、設計は外部の設計士が行うという工務店もあります。

建材の組立作業

実際の建築作業です。自前の大工さんが作業にあたる場合もありますし、もちろん手配した職人さんが作業にあたる場合もあります。設計通りに建材を組み上げ、住宅を完成させます。

電気・ガス・水道などの設備取り付け

電気やガス、水道などのライフライン、また宅内の空調や給湯設備などの取り付けを行います。

営業

工務店によっては、営業により顧客を獲得しているところもあります。外回り営業や電話営業を行い受注しますが、特にリフォームにおいては「しつこい営業」が批判に晒されることもあります。

工務店と注文住宅

キッチン

住む人のライフスタイルや好み、こだわりといったものが反映されたオーダーメイドの住宅。注文住宅は、マイホームを持ちたいという方にとって究極の形ではないでしょうか?家を建てる場合、工務店、ハウスメーカーという2つの選択肢がありますが、注文住宅をオーダーする場合は、ほぼ工務店一択といっていいでしょう。注文住宅を建てる場合、工務店が元来持つ特徴が生きるのです。

工務店では、ハウスメーカーのようにほぼ完成された家は販売していません。工務店では、住む人と共に家をつくり上げていくのが基本です。家づくりにこだわりをもっている。独自のポリシーを持っている。そんな工務店を選べば、きっとすばらしい家ができあがります。

地元にある安心感

工務店のほとんどは地域密着型のビジネスです。注文住宅をオーダーする場合は、工務店スタッフと打ち合わせをする機会が多くなるでしょう。たとえ譲れないこだわりであっても、建築基準上、どうしてもできないことがあるかもしれません。注文住宅は、すべてに納得して建てることが大切です。地元の工務店なら、そんな意見交換を頻繁にすることも可能です。さらに、待望の家ができあがった後も、点検やメンテナンスもスムーズに行ってくれるでしょう。

工務店は工事全体のマネージャー

家と星空

工務店は、地域に根ざして建築やリフォームなどのサービスを提供している業者です。建築工事の計画を立て、スムーズに工事が進むように、スタッフや現場の状況をコントロールします。また、その身近さから「住む人と一緒に家をつくる」というスタンスをとっています。注文住宅は、工務店がもっとも得意とする仕事なのです。